愛妻の特殊按摩体験(終)

 最後に、今後のことを考えて、仮定の話を振ってみました。
「それでさぁ、貴子」
「なぁに?」
「これは結果論なんだけど、もし島田さんがキスより前に挿入しようとしてたら、拒まなかった?」
「拒んだわよ」
「どうして?」
「だって、逝かせてくれなかったじゃない」
「怒ったの?」
「怒ったってわけじゃないけど、弄ばれてるような気がしてきたのよ」
「まぁ確かに弄ばれてたけどね」
「わたし、ものすごく恥ずかしかったんだから」
「オマエ、実はスケベなオンナだったんだな。新しい発見だったよ、あれは」
「違うの、違うのよ。あの人のタッチがあまりに気持ちよくて…逝かないと気が変になりそうだったのよ」
「じゃあ質問を変えるけど、股間のリンパマッサージのあと、すぐに手で逝かされてたら、他人棒の挿入を許してた?」
「気持ちよくなった後にすぐ受け入れるってこと?」
「そう。キスとかすっ飛ばして」
「う~ん、どうだろう?」
「考えるってことは、入れさせてたかもしれないってこと?」
「たとえばよ、たとえばの話だけど、ぐったりしてるときに急にされちゃったら、どうしようもないんじゃない?」
「気づいた時点でNGを出せばいいじゃないか」
「それもそうねぇ、それはそうだけど…」
「拒否できない?」
「入っちゃった後じゃぁ、もう無理なような気がするなあ」
「そうなの?」
「よくわからないけど…」
「よくわからないってことはないだろう。自分のことなんだから」
「だって、これはもともと浩文さんの希望で始めたことでしょう? 私は覚悟を決めて今日を迎えたんだから、アナタが止めに入らなかったら、多分そのまま受け入れてたと思うわ」
「島田さんはタイプだったし?」
「そうそう、それは重要ね。いくら夫の頼みでも、印象のよくない人と肌を合わせるなんて無理だわ」
「確認だけど、焦らされてなかったら、セックスしてた?」
「してたかもね。実は、マッサージ受けてる間、想像しちゃってたの」
「ハメられて感じてるところ?」
「もうっ、イヤらしい言い方ね」
「女の人はオナニーするとき、理想の男性に抱かれてるところを想像しながらするって言うもんな」
「うん、それは否定しない」
「じゃぁ、もう一回島田さんを呼ぶ?」
「それはダメ。普通のマッサージだけならしてもらいたいけど」
「どうして?」
「こういうのはタイミングが大事なのよ」
「そういうもんか?」
「そういうものよ」
「なら、貴子のタイプの男をまた探して連れてくるよ。それならどう?」
「まぁ、考えとくわ」

 実際のところ、妻はまんざらでもなかったようです。私は期待が持てると思いました。
 島田さんが焦らしさえしなければ、妻は他人棒を受け入れていたわけですから、段取りさえ間違えなければ、妻が他人棒で悶え狂う現場を拝めるはずです。
 最近は私が島田さんの役をして性交していますが、妻は拒ぶどころか「島田さん、島田さん」とつぶやきながら上りつめています。
 これは脈ありです。
 というわけで、次回は妻好みの単独さんを呼んで絡んでもらおうと考えています。
 なんだかんだ言っても、私はやはり妻が他人棒を受け入れているところを見たいのです。
 ただ、キスだけはNGにするつもりです。