痴漢通勤電車(3)

 有香が意識を取り戻したとき、男のモノはまだ有香の中にあった。
 有香は秘口に幸せな圧迫感を感じ、男の広い背中を力一杯抱きしめた。
 有香は不思議な感覚に囚われた。
 男はスーツを着ていてネクタイもきちんと締めている。有香もブラウスとスカートを身にまとっている。
 しかし、ふたりは繋がっている。人が大勢いる公衆の場で。しかも有香は快感を得て興奮している。初めて会った見知らぬ男に犯され、気を失うほど上りつめてしまった。
 交わることがこんなに気持ちがいいなんて…。
 有香は変態的な行為で初めて知らされた。かつての恋人との抱擁でも得られなかった究極の悦楽を体感することができた。
 有香は自分が生まれ変わったような気がした。芋虫が脱皮して蝶蝶になったような感覚に包まれた。

 これからまた何をされるのだろう? 有香がそう思ったとき、お尻の谷間に熱さを感じた。後ろの男のモノに違いない。3人目の男はこのヒトになるのだろうか?
 しかし、後ろの男は膣に挿入してこなかった。そのかわり、右手の中指を菊花に押し込んだ。愛液を潤滑油がわりにした指はすんなりと入ってしまった。
 男は数回、第一関節まで出し入れし、それからゆっくりと根元まで差し込んだ。そして、指を回して括約筋を広げはじめた。
 有香は初めての感覚に襲われた。
 膣と直腸が塞がれて妙な圧迫感がある。肛門に入れられた指が膣壁を裏側から刺激し、いままで味わったことのない快楽が股間に広がった。また逝きそうになる。

 後ろの男が指を抜き、替わりに肉棒の先端を差し込んだ。
 その瞬間、有香は激痛を覚えた。痛い! お尻の穴が切れたかと思った。
 しかし、カリの部分が埋没すると、痛みは和らいだ。熱い肉棒がゆっくりと直腸へ侵入してゆく。
 有香は臀部に陰毛が触れるのを感じた。どうやら根元まで飲み込まれたようだ。括約筋はあいかわらずヒリヒリ痛むが、我慢できないほどではない。
 お尻の穴を使うなんて今まで想像したことすらなかったが、確かにいま男のモノがお尻に入っている。痛みはほぼなくなったが、大便が出そうな感じがしてなんだか落ち着かない。

 前の男が再び動き出した。
 直腸に収まった肉棒が後ろから膣壁を圧迫し、膣内の刺激を高めた。男が数回往復しただけで、有香は簡単に達してしまった。
 膣内の動きが停まると、後ろの男がピストン運動を始めた。肛門に鈍い痛みはあるが、快感のほうがずっと大きかった。有香は肛交でも逝ってしまった。
 前後の男たちによって前後の穴を塞がれ、有香は幾度も絶頂に導かれた。そしてまた最高の快楽を感じながら意識を失った。

 気がつくと、車輌の片隅に座り込んでいた。
 終着駅が近いことを知らせるアナウンスが耳に入ってくる。
 ブラウスのボタンはすべて掛けられており、フレアースカートの上にはハンドバッグが置かれていた。
 窓際の手摺りを持ってゆっくりと立ち上がり、右肩にハンドバッグのストラップをかけた。
 内股に冷たいものを感じた。
 白い液体が筋になって股間からふくらはぎに流れてゆく。
 あぁやはり現実だったんだと、有香は認識した。

 翌朝、エレベーターの前で電車を待つ女性の姿があった。
 有香だった。
 電車が速度を落としながらホームに入って来た。
 アナウンスと同時にドアが開いた。
 飛び込んだ有香が車輌の隅に立った。
「やぁ、またお会いできましたね」
 初めて聞く声だったが、スカートを撫でる手の感触には覚えがあった。
 人の壁で周りが見えなくなった。
 有香は全身の力を抜いて身を任せた。